ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

冬キャン、石油ストーブ・トヨトミレインボーを使った感想・工夫した点

 石油ストーブを買う前に考えたこと

キャンプは楽しいです。でも冬のキャンプに石油ストーブ・薪ストーブを使うことに抵抗がありました。一つ間違えれば、一酸化炭素中毒で命を落とす、キャンプ場で火事を起こして迷惑をかける可能性があるからです。でもしっかりと勉強した上で使ってみることにしました。

トヨトミレインボーに決定

過去に2度、石油ストーブをキャンプで使うか悩んだことがありました。キャンパーに一番人気の石油ストーブ「フジカハイペット」へ電話もしたことがありました。なんと納品されるまで6ヶ月以上待ち…。恐るべし!キャンプの人気ぶり。。(;・∀・)


それならと、見た目もかわいいランタンのような「トヨトミレインボー」を購入しました。名前の通り7色の灯りにほっこりします。

f:id:toypoo_camper:20191111213039j:image

 

トヨトミレインボーを使うにあたり工夫したこと

 トヨトミレインボーとフジカハイペットは対流型石油ストーブですが、フジカハイペットのように反射板がなく、トヨトミレインボーの暖かさは前面に来ません。それで暖かくないと口コミがあるようです。でもそんなストーブにエコファンを使い、熱を循環すれば暖かくなると思い、迷わず購入しました。

更に工夫したことは、USB扇風機を持参しました。暖かい空気は上にたまるので、USB扇風機で空気を下ろすことにしました。これは正解!本当にすごい、暖かくてオススメです。モバイルバッテリーを持参してUSB扇風機を使いました\(^o^)/

 

石油ストーブ以外に何が必要?

石油ストーブだけを買っても使えません、普段から使ってる方からすれば当たり前でしょうと言われそうですが…。(^_^;) 私が子どもの頃、祖母の家にアラジンストーブがありました、お餅を焼いてもらって砂糖醤油で食べたのが美味しかったなぁ、懐かしい〜♪

ポリタンクから石油ストーブへ灯油を入れる時に、ポンプが必要です。

タカギ(takagi) ポリタンク用 ポリカンポンプ 電池いらず D089RF 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ポリタンク用 ポリカンポンプ 電池いらず D089RF 【安心の2年間保証】

 

 石油ストーブに灯油を5L、予備で5Lをポリタンクで持参しました。
1日で灯油5Lを消費するらしいですが、就寝時は安全のためにストーブを使わなかったので、灯油を補充することはありませんでした。

瑞穂 扁平缶5Lグレー 0190GY 扁平缶

瑞穂 扁平缶5Lグレー 0190GY 扁平缶

 

 忘れてはいけないのが、一酸化炭素チェッカーです。お家で使う場合も、定期的に空気の入れ替えをしますが、テント内で使用する際に注意したいです。私はDODの日本製・一酸化炭素チェッカーを使っています。

 

まとめ 

結論、石油ストーブは買ってよかったです。秋・冬のキャンプ場は、場所によっては気温がぐっと下がりますし、少しでも長くアウトドア を楽しむなら選択肢の一つだなと思いました。優しく広がるポカポカさは、わんこたちも癒やされたようで、即寝でした(笑)寒さ対策として、ホットカーペットや電気ヒーターでもキャンプは楽しめると思います。

AC電源があれば秋・冬キャンプも楽しめます。ご参考までにご覧ください。

toypoo-camper.hatenablog.com

 

 

toypoo-camper.hatenablog.com